お悩み解決コラム

任意後見制度とは

2022 . 10 . 03

任意後見制度とは

任意後見制度(にんい‐こうけんにん-せいど)とは

任意後見制度とは、将来的に判断能力が低下することを見据えて、本人(被後見人)の判断能力があるうちに自分の財産を管理する人(後見人)をあらかじめ決めておく制度のことです。選任された後見人(任意後見人)は、本人の財産保護や管理を行います。

 

任意後見人は親族や信頼できる第三者を選任することが可能

実際にどのような人が任意後見人になれるのでしょうか。被後見人と「任意後見契約」を締結した人がなることができます。任意後見契約は、被後見人と選任される人が同意のうえであれば、基本的に誰でも自由に決めることができるため、親族はもちろん、信頼できる第三者を選任することも可能です。しかし、未成年者、行方の知れない者、破産者など、任意後見人にはなることができない人もいるので注意が必要です。

 

任意後見制度の手続き

任意後見制度を利用するためにはいくつかの手続きを行わなければなりません。

  • 任意後見人の候補者とともに公証役場で「任意後見人契約」を締結する
  • 公証人から法務局へ登記の依頼が行われる
  • 本人の判断能力が低下した際に家庭裁判所へ「任意後見人監督人選任の申立」を行う
  • 任意後見監督人が選任された後、任意後見人としての職務を行う

手続きの流れは事前に確認しておきましょう。また、手続きに当たって証書代や切手代がかかる場合があり、約15,000円程度の費用が必要となります。

カテゴリ一覧

イベント・セミナー情報

トップへ